FC2ブログ

自然食宅配 iito(いいと)

有機野菜や果物などの農産物や畜産物と、無添加でつくられた食品、生活品などをお届けするお店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冨田農園に行ってきました。

いいとの生産者さんのご紹介です。

愛媛県伊予市にある冨田農園に行ってきました。
冨田さんは、みかんや伊予柑などの柑橘類を中心とし、びわ、キウイ
無花果などの果物を自然栽培でつくっています。
今回は6月頃に収穫される枇杷についてのお話をお聞きしました。
品種は愛媛県でも多く栽培されている「田中」です。
果実が大きめで、甘みと酸味のバランスの良い品種と言われています。

DSC01252_convert_20120218144736.jpg

収穫に向けての作業としては、3月中旬から4月にかけて摘果をし
果房に袋がけをしていきます。
枇杷は冬の寒さが厳しすぎると種が死んでしまい、実にならないので、
まずは一房ごとに種を切ってみて、寒害が無いかを確認します。
種が死んでしまっている場合、種の内側が黒くなっているそうです。
袋がけをし実を残すのは、4房の中から1つの房を選んで、そのうちの1種のみ
だそうです。一般的な慣行栽培に比べて半分ほどの割合となります。
樹は枯れる時にもたくさんエネルギーが必要なので、負担をかけないように
袋がけをしない花房は切り落とします。
肥料や農薬に頼らない自然栽培の場合は、摘果によって樹の生命力を引き出して
あげることがとても大事だそうです。

DSC01221_convert_20120218150013.jpg
(種を切ると内側は白かったので、この種は元気だったということです。)

DSC01214_convert_20120218145255.jpg
(袋がけは写真に写っている部分で約一つです。)

今回は冨田農園に自生している雑草の写真も撮ってきました。
農園にはヘアリーベッジという豆科の植物が根をはっています。
ヘアリーベッジには窒素を固定する効果があります。根に付く根粒菌の
働きによって、良い土を作ります。
「奇跡のりんご」で知られる木村秋則さんも、果樹の農園に大豆を蒔くそうですが、
土地が肥えてくると自然に大豆は育たなくなるのだそうです。
豆科の植物のヘアリーベッジも、土の状態を整えるのに活躍しますが、
それは土がまだ進化の途上にあるとも言えるのだそうです。
農園の足元に注目してみると、たくさんの植物や、虫も生きているのがわかります。
樹も虫も土の中の微生物も、全てがバランスを取りながら、新しい生命を生み出して
いきます。
人が食べておいしいものは虫や他の動物にも好かれるものだとか、
人が食べないでいいように、代わりに虫が食べてくれるんだとか、
農園に行くと、生き物とのたくさんの共生が見えてきます。
農業に直接携わっていない消費者としての私達も、食べ物を頂く時に
そんなすてきな循環を少しでも感じられたらいいなと思います。

DSC01265_convert_20120220162930_20120220163038.jpg

DSC01277_convert_20120219000308.jpg

DSC01268_convert_20120220163239.jpg
(ヘアリーベッジ)
DSC01271_convert_20120220163603.jpg
(菜の花は春になるとお花畑のようになるそうです。きれいだけど大変)
DSC01255_convert_20120220163839.jpg

DSC01264_convert_20120220164309_20120220164438.jpg

最後に「冨田農園」の冨田さん。
いつもおいしい果物をありがとうございます。

DSC01256_convert_20120220164618.jpg




スポンサーサイト

テーマ:オーガニック、菜食、マクロビ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/02/22(水) 19:59:45|
  2. 愛媛県「冨田農園」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。