自然食宅配 iito(いいと)

有機野菜や果物などの農産物や畜産物と、無添加でつくられた食品、生活品などをお届けするお店です。

長野県下高井郡「小坂隆さんのりんご」

長野県下高井郡 小坂隆さん

いいとがお届けしているりんごの生産者である小坂さんの果樹園を訪ねました!
小坂さんの果樹園は長野県の北東部に位置する下高井郡山ノ内町にあり、
志賀高原や北志賀高原など自然豊かな山地に囲まれた盆地にあります。
すぐ近くには湯田中渋温泉郷があり古くから温泉地として親しまれています。
小坂さんの果樹園では、りんごや巨峰、桃などを栽培されており、
傾斜の高い山地に広がる果樹園は220rほどの広さがあります。

DSC01761_convert_20121102140811.jpg

DSC01716_convert_20121102144136.jpg

DSC01717_convert_20121102144327.jpg

ご両親の代から続く小坂さんの農園では、低農薬での果物の栽培を行っています。
慣行栽培での農薬散布の回数は県や地域によっても細かく異なっており、
長野県が指定する山内町周辺のりんごの農薬散布基準は年13回だそうです。
近隣地域の中でも慣行栽培の基準自体がかなり少ないのは、りんごの生産に適した
気候によるそうです。
慣行栽培が年13回なのに対して、小坂さんのりんごは約半分の年7回に抑えています。
過去には年3回にまで減らした年もありましたが、夏場の暑さが長く続くとダニの
被害が増える為、近年では年7回で安定しています。
また肥料に関しては15年間与えておらず、養分がないぶん樹が深く根を張り、丈夫に
育っています。
下高井郡では11月下旬から春先までは積雪が多く、りんごの果樹が全て雪で埋まって
しまうほど積もるそうです。積雪が多すぎると、雪が溶け始める春先に枝が引っ張ら
れて折れてしまう為、対策として樹の幹に炭を撒き、温度を上げることで雪を早く
溶かすようにされています。

DSC01738_convert_20121102150444.jpg
(葉脈が赤くなったら味がのり美味しくなります)
DSC01740_convert_20121102150557.jpg
(収穫の2週間前のシナノスイート。蜜がまわりはじめています)

DSC01750_convert_20121103160519.jpg
(収穫は勿論手積みです。楽に穫るコツを教えてくれました)
DSC01763_convert_20121103162929.jpg
(10月からお届けした巨峰。とっても美味しかったです)
DSC01765_convert_20121103163123.jpg
(小坂隆さんとご両親、愛犬ハッピー)


りんごの収穫は10月末頃から品種毎に順に行い、雪が積もるまでに終え
保存します。山一面に広がった樹から全て手積みで収穫されています。
また剪定は雪が溶けた後の4月頃に、りんごやぶどう、桃も全て行うそうです。
りんごは朝夕が寒く、昼間が暑くなるほど美味しくなると言われますが、
美味しいりんごの見分け方としては、お尻の部分が開いているものほど
蜜が入っているそうです。

いいとでは11月から12月にかけて、陽光、秋映(アキバエ)、サン富士、王林
シナノゴールドなどのりんごをお届けいたします。
またりんごの他に、ラフランス、かりんなどもお届けいたします。
年明けは王林、シナノゴールドがお届け可能です。
ぜひお召上がりください♫


スポンサーサイト

テーマ:オーガニック、菜食、マクロビ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/05(月) 09:04:34|
  2. 長野県下高井郡「小坂隆さんのりんご」